総合的に診察 | 内科や心療内科で心のケアも行う|HAPPYヘルスケア

内科や心療内科で心のケアも行う|HAPPYヘルスケア

診断を受けているドクター

総合的に診察

心療内科は、主に精神面と身体面の両面から総合的に診察、治療を行うために新設された比較的歴史の浅い科目です。 精神性疾患の診療は、従来は精神科が行なってきました。 とことが、精神障害の場合、身体的な不調も合わせて起こる場合が多く、精神科のみでの対応では適さない状況になってきました。 具体的には、精神的な抑うつ状態、やる気が出ない、消極的な考えや行動になる、理由もなく不安に襲われたり焦燥感が続く、などの精神的症状に加え、頭痛が続いたり、睡眠がとれなくなり不眠になる、疲労感が抜けない、食欲不振となる、といった身体的な不調が伴う場合があります。 このような状況に対処するために心療内科が創設されました。 心療内科では、精神面での不調や身体的な不調を総括的に診察します。 もし少しでも不調を感じた場合には、精神科、内科に限らず、心療内科を受診される事をおすすめします。

心療内科は、総合病院のような大規模な医療施設よりも、個人の開業医のような小規模の医療施設で診察を行っている場合が多いのが特長です。 総合病院では、主として精神科が診療を行っており、内臓面の不調は内科が診療します。 そのため心療内科の増設はされていないのが現状えす。 また、総合病院などのように、大勢の患者が待合室で順番待ちをしている環境がストレスとなってしまったり、病院の施設そのものに非常な違和感や不安を感じる患者が少なくありません。 それに対して、心療内科専門の個人系クリニックでは小規模な施設でゆったりとした治療を行うことができます。 診察費用は病状によってかわりますが、保険適用で概ね数千円程度で受診することが一般的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加