内科や心療内科で心のケアも行う|HAPPYヘルスケア

診断を受けているドクター

医療の細分化

手術する

心療内科の診る病気とは何か

風邪や熱がある時は、迷わず内科にかかる人がほとんどですが、医療はどんどん細分化されていく傾向にあります。 心療内科と精神科、神経内科などと聞くとどんな時に行くべきなのか分からないというのが本当のところではないでしょうか。 強いストレスを感じた時に胃が痛くなったり、下痢になるということは誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。このように精神的な理由から身体的に起こった体の不調を診る分野が心療内科というのです。 胃潰瘍やガンなども最近は、強いストレスから起こるということが分かっています。生活習慣を改めることによって体の機能が改善することがあります。心療内科は、生活指導などの面も重要と考え総合的に体の不調に対して診ていくところなのです。

適切な治療を受けることの重要性について

心療内科という分野は、レントゲンで判断できるガンや胃潰瘍という病気のほかに、レントゲンでは確認することができないが体の不調に対してその障害に対しても診ていく内科といえます。 心が起因する病気、統合失調症やうつといったものは精神科が専門と診ることになります。心療内科と精神科ははっきりと区別されているものなのです。 しかし、診療という言葉から精神科で診る病気まで診療するのではないかという誤解が生じているのも事実なのです。 病気になる原因とは、心身的なものが複雑に絡み合っているためにそれが体の機能に影響を及ぼしてしまうということが認知され始めています。 心療内科は、心と体の両面から総合的に医学的な見地で病気を診ていくのです。精神科であるからと人目を気にするということは一切必要ないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加